総合研究圃場

国土環境緑化協会

簡易吹付のり枠工

ソイルクリート工法(ダイザタイプR)

カタログ

ソイルクリート工法
(ダイザタイプR)
カタログPDF

備考 平成29年度準推奨技術
(新技術システム会議/国土交通省)
NETIS登録No.CB-980023-VE


概要

ソイルクリートダイザタイプに交点組立部材(ナジームトンボ)を設置することにより、鉄筋挿入工との併用を実現しました。
低コストで確実な地山補強土工が可能です。

特長

●組立枠(ダイザーM型)の使用により、鉄筋が適切な位置に保持され、かつ正確な断面形状が
 形成されます。
●鉄筋挿入工の頭部連結部材として有効です。
●型枠を使用しないため、吹付時のリバウンドの影響を受けにくく安定した品質ののり枠が形成
 できます。
●凹凸面に沿った施工ができ、地山のならし作業が不要です。
●枠が植生に覆われやすいため目立たず、景観に配慮した緑化が可能です。
●資材が軽量で設置が容易なため、施工性、経済性に優れています。

施工手順

1.ラス張工完了

2.削孔工

3.鉄筋挿入工


4.配筋(鉄筋加工組立)工
 完了

5.枠吹付工

6.枠吹付工完了


7.頭部処理工

8.植生基材吹付工

9.完了


頭部構造

施工事例


標準施工図

ソイルクリート ダイザタイプR 標準施工図