総合研究圃場

国土環境緑化協会

植栽併用のり枠工

ポットクリート工法(育苗カゴタイプ)

カタログ

ポットクリート工法
カタログPDF

備考 平成29年度準推奨技術
(新技術システム会議/国土交通省)
NETIS登録No.CB-980023-VE


概要

ソイルクリート工法に、植栽用のカゴを併用することで、多種多様な苗木を導入できます。
これまで困難とされた急勾配のり面への樹木導入を簡易に、しかも確実に実現できます。

特長

●簡易吹付のり枠工による緑化基礎工と併用して低木類の苗木導入が容易です。
●播種工との併用により、多様な低木類の導入が容易に行えます。
●植え付け基盤の造成が容易です。
●植穴掘削を必要としないためのり面の撹乱による崩壊などの心配がありません。
●設置が簡易な育苗カゴにより、任意な配植が可能です。
●保水性の高い生育基盤材の使用により、乾燥などの影響を受けにくく苗の活着が確実です。
●生産品であるポット苗を使用するため品質管理が容易です。

育苗棚

施工手順

1.のり面清掃工

2.ラス張工

3.配筋(鉄筋加工組立)工

4.組立枠設置工

5.交点アンカー打設工

6.枠シート工

7.枠吹付工

8.育苗カゴ設置工

9.植生基材吹付工+
 植栽工


標準施工図

ポットクリート 標準施工図