総合研究圃場

国土環境緑化協会

簡易吹付のり枠工

ソイルクリート工法

カタログ

ソイルクリート工法
カタログPDF

備考 平成29年度準推奨技術
(新技術システム会議/国土交通省)
NETIS登録No.CB-980023-VE


概要

ソイルクリート工法とは、従来の枠断面を欠円状にすることにより、コスト縮減と景観性の向上に配慮した簡易吹付のり枠工です。

特長

容易な施工
複雑な型枠を使用しないため、地山の凹凸に沿った施工を容易にします。

 

高い安定性
枠が縦横に連続しているため、地山表層の剥落に対して抵抗力と安定性を持っています。
高精度
組立枠(ガッテンダー・ダイザー・テトライザー)の使用により、鉄筋を適切な位置に保持し、正確な断面形状を形成します。
景観性の向上
欠円状の枠が植生に覆われやすいため、目立たず修景に優れています。
低コスト
素材が軽量で設置が容易なため、施工性・経済性に優れています。
高品質
短繊維補強材「NAF-6」を使用することにより、吹付モルタルの品質が向上できます。

「NAF-6」による品質の向上

「NAF-6」とは、モルタルに添加するアラミドファイバーです。素材である「共重合パラ型アラミド繊維」は、耐熱性・耐酸性・耐アルカリ性に優れ、強度も非常に高いため、長期にわたりモルタルの品質を保ちます。

タイプ選定フロー

 
注1)特殊タイプののり枠形状及びスパンは、標準タイプに準じます。
注2)アニマルガード工法は、ポットクリート工法、サーフクリート工法とは併用できません。 

ノモグラム