総合研究圃場

国土環境緑化協会

長距離・高揚程・高品質吹付工

セパレートショット工法

カタログ

セパレートショット工
カタログPDF

備考 NETIS掲載期間終了技術
登録No.CB-030090-VE


概要

セパレートショット工法は、従来困難であった長距離・高揚程でのモルタル吹付を可能にした吹付システムです。
細骨材とセメントミルクを別々に圧送することにより、圧送時の課題であった材料分離・強度低下を解決し、安定した高品質のモルタル吹付を可能にしました。

特長

施工範囲が大幅拡大
長距離・高揚程に対応しているため、施工範囲が大幅に拡大しました。
※下記「施工可能な範囲」参照
高品質
吹付け直近で混合するため、品質の安定した密実性の高いモルタルが得られます。
仮設コスト低減
高所への機械の設置や移設の必要がなく、構台設置費およびプラント移設費を低減できます。
工期短縮
吹付けプラントの解体、移動、再組立などが不要となるため、それらに関わる工期を短縮できます。

施工可能な範囲



設計・積算については弊社にご相談ください。

施工イメージ図

施工事例

施工実績(平成29年3月末現在)

件数251件
累計面積 約470,000㎡


環境配慮

長距離・高揚程用 植生基材吹付工