総合研究圃場

国土環境緑化協会

自然侵入促進工

マザーポスト工法


施工3か月後


施工3年5か月後

カタログ

マザーポスト工法
カタログPDF

備考 NETIS掲載期間終了技術
登録No.CB-010041-V


概要

マザーポスト工法は、森林表土の採取が難しい現場において、現地の植生復元を可能にする新技術です。
専用資材「マザーポスト」が周辺植生から飛来する種子をキャッチして、良好な発芽生育を促します。
周辺を豊かな自然に囲まれた立地条件において、より有効な緑化工法です。

特長

●植生帯付特殊金網(マザーポスト)により、飛来種子を捕捉する自然侵入促進工です。
●森林表土の採取が困難な箇所でも施工できます。
●植生帯付特殊金網(マザーポスト)に装着したヤシシートと肥料袋により、飛来種子の良好な
 発芽生育を促します。
●専用に開発された生育基盤材(マザーソイル)により、飛来種子の発芽生育が良好です。
●生育基盤材(マザーソイル)は、一般的なバーク堆肥に比べ硬化しにくく、長期にわたり植物が
 生育しやすい環境を提供します。

マザーポスト


端部のフックでワンタッチ取付け。補強フックで転倒を防止します。

施工手順

1.ラス張工

2.マザーポスト設置工

3.マザーソイル吹付工


施工事例