総合研究圃場

国土環境緑化協会

森林表土利用工

苗木設置+マザーソイル工法

カタログ

苗木設置マザーソイル工法
カタログPDF

備考 NETIS掲載期間終了技術
登録No.CB-010041-V


概要

苗木設置マザーソイル工法は、森林表土利用によるマザーソイル工法と、施工地域で採取した種子から育てた苗木を導入する苗木設置工を組み合わせた工法です。
苗木が大きくなり種子の供給源となることで、さらに地域植生の早い回復を期待できます。

特長

●ポット苗に仕立てた地域性苗木を、のり面に容易に導入できます。
●苗木から導入するため、通常より早い地域植生の回復が図れます。
●地域固有の植物が成立し、遺伝子の撹乱がありません。
●表土採取は、エアーで表層土をほぐしながら吸引採取するため、林床を荒らしません。
●専用に開発された生育基盤材(マザーソイル)により、地域植生の発芽生育が良好です。
●特殊構造のファーザーネットにより、従来金網より高い耐浸食性と生育基盤材の安定が図れます。
●生育基盤材(マザーソイル)は、一般的なバーク堆肥に比べ硬化しにくく、長期にわたり植物が
 生育しやすい環境を提供します。

育苗カゴ

地域性苗木

地域性苗木
生物多様性保全の観点から、施工地域で採取した種子をポット苗に仕立てた地域性苗木を使用します。

施工手順

1.ラス張工

2.育苗カゴ設置工

3.置苗工


4.マザーソイル吹付工

5.施工完了


施工事例

施工直後

施工後1年

施工後3年