総合研究圃場

国土環境緑化協会

再緑化工

メンテグリーン工法

カタログ

メンテグリーン工法
カタログPDF

備考 NETIS掲載期間終了技術
登録No.CB-990069


概要

保水性に富む植生基盤材を用いるとともに、モルタル面に開けた穴から根系の侵入促進、水分補給を図ることで、確実な植生生育を可能にします。

特長

●穿孔穴により、地山から水分を供給するとともに、植生根がこの穴を通って地山まで侵入し、
 確実で長期的な生育が可能です。
●集水マットによりのり面の余剰水を効率的に排除します。
●仕切網が生育基盤材の崩落を防止し、長期にわたりモルタル面へ安定保持します。


根のモルタル穿孔部への進入状況

  • 表層の植生が安定した生育を続けるためには、地下へ伸びる根の生育も旺盛でなければなりません。
    メンテグリーン工法では、植生根がモルタル面の穿孔穴を通って地山部まで侵入するので、確実で長期的な緑化が可能になります。


施工手順

1.穿孔工

2.集水マット設置工

3.仕切網設置工


4.ラス張工

5.植生基材吹付工


施工事例

施工前

施工中

施工完了


施工後4年